FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆妊娠、出産そしてその後☆

こんばんは
おにぎりです


赤ちゃんが生まれてから今日は少し余裕ができたので、
日記を書かせて頂きます。


最近、仕事が忙しく、ブログの更新が全然できませんでした。
皆さんがせっかく見に来ていただいたのにも関わらず、
更新できず、申し訳ございませんでした。

お話は出産1ヶ月前に遡ったころからです。

漸く臨月に突入し、定期健診が毎週になりました。
臨月に入り、以前と変わったのは
赤ちゃんがどんどん大きくなったり、胎動が激しくなったり、
妻が苦しむことが増えることばかりでした。
隣にいる僕ができることは何もありませんでした。
できるとしたら「家事」くらいですかね~

うちは家事は妻、外の仕事は僕という分業(?)を守ってきました。
妊娠が分かった時点から妻を手伝い、家事をやることになりましたが、
家事の大変さがよく分かるきっかけになりましたね~
結構ハードなんだな~って・・

どのぐらい僕が役にたったのかはおいといて、
臨月に入り、妻と僕はちょっとした心配がありました。

「赤ちゃんの体重があまり増えない・・」

臨月に入ると一週間で何百グラムずつ増えるとの話をよく聞いていましたが、
うちの赤ちゃんは20~30gが精一杯でした。
心の中では
「大丈夫かな~」と心配でしたが、
病院の先生から
「大きくなっても産むときに苦しむだけだから、小さく産んで大きく育てた方がいいよ!」っと
いつも元気付けられました。

時間が過ぎに連れ段々赤ちゃんが下に下がってきて、
妻の食欲もだいぶ回復してきたので、最後は色んなものをよく食べに行きましたね。
「マクドナルド」、「回転すし」、「ラーメン&餃子」、「餃子の王将」などなど・・
赤ちゃんが下がったことで胃の圧迫感から開放されたのが一番の原因でしょうね~
でも、基本は体重管理のために平日は質素な食事、
週末は豪華な食事というふうに分けてました。

妊娠中に一番お世話になったのが
「水炊き」です。
自然の下剤といいますか、お通じがよくなったので、
便秘薬も飲まずに妊婦ライフを過ごせましたね☆
僕が妊娠しているわけではなかったのですが、
僕も妻と一緒に水炊きを食べたおかげで
僕までもお通じがよくなりました☆


出産予定日まであと10日を残しての定期健診。
「まだ、子宮口が開いてませんね~予定日よりちょっと遅れるかもしれません。」っと
先生から言われました。
まだなんだね~っと二人は2日間を過ごしました。

出産1日前、夕方になって妻の調子が良くなるのを待ってからスーパーにお買い物~
「オロナミンCを飲んだら陣痛がくるらしいよ~」と
妻が言っていたので、迷信であるが試してみるのも思い出になりそうだったので、
買って来たその日に一気飲み!!!

飲んだのが夜の8時、
ちょっとしてから夜11時になると
「お腹が痛い」と妻が言い出しました。
「陣痛なん?分からんよね~?ちょっと測ってみようか?」
そして、僕は時間を計り始めました。
妻は、
「三日前からおりものに血が混じっていたからもしかしたら今日危ないかも・・」っと・・

最初は不規則だった陣痛が20分・・・10分・・・8分・・
「やばいね~とりあえず病院に電話しようや~」

そして、妻は病院に電話をし、
5分間隔になるともう一度病院に電話をすることに・・・

前駆陣痛かもしれないので、次の日会社がある僕は一眠りに・・
眠ってから2時間半が経ったとき、
「生まれるかも~」と妻の声が!!!

入院の準備は3日前くらいにしておいたので、
すぐに病院に電話をし、車で移動!!

病院に着いたのが午前5時15分でした。
ここから妻の闘いが始まりました。

5分間隔の陣痛が3分間隔になるまでちょうど6時間かかりました。
その時開いた子宮口が5センチ・・

「うまくいけば午後5時ぐらいに生まれるかもね~」と
看護士さんから言われた瞬間、
時計をにらむ妻の顔は今でも忘れられません。
あと6時間もあるのに、相当辛かったんでしょうね~

しかし、状態が急変!!
13時を回った瞬間、
「あ!!破水した!!!」との妻の叫び!!
すぐさまナースコールし、看護士さんに子宮口の開きをみてもらうと
なんと7センチ!!

陣痛室に行く間もなく、すぐに分娩室へ~
分娩台に上がり、力んだ約30分!!

僕は妻の股と妻の顔を順番に見ながら手をつないで一緒に力を入れました。
漸く赤ちゃんの頭の天辺が見え始めた時、
「えいん切開したらすぐ生まれるわ~」と先生の言葉が聞こえました。
妻はあまりの痛さに苦しむ一方・・・

切開をして間もなく、赤ちゃんの頭が妻のお腹から脱出成功!!!
そこからはズルリン~っと外へ~
真っ赤かな血まみれの小さな赤ちゃんでした。
出た瞬間妻の胸元に抱かれ、妻と赤ちゃんと僕の3ショット写真撮影!!

感激でした。
例えようがない感激でした。
世界の全てを得たような感じでした。
幸せの言葉が胸いっぱいになりました。
多分、世の中にはこの気持ちを正確に表せる言葉はないと思います。

そうやって、
4月12日 午後1時48分
2620g 48cmでちょっと小さめな「My Angel」が世の中に出てきました。

妻も元気です。
妻の偉大さを感じました。
尊敬します。
この素敵な人の夫であることを感謝しています。
出産後、
「お疲れ様~よく頑張ったね~あなたが無事でよかったよ~」っと
声をかけました。
苦しむ妻のそばで何もできない僕の存在が素直に恥ずかしく感じました。
これからの育児で恩返しをしたいと思います。

今は妻と赤ちゃんは病院、僕は自宅にいます。
授乳や検査などで、生まれてからも忙しいですね~
家に帰ってきたらゆっくりと3人で遊びたいと思います。

出産の立会いまで終えて感じたことですが、
会社の仕事がかなり忙しかったのですが、
うちは里帰り出産ではなかったので、最初から最後まで
妻と僕二人で乗り越えなければならなかったこともあり、
最初の検診から最後の出産立会いまで全部参加することが目標でした。

無事に最初の検診から最後の出産立会いまで一緒にできたことは
本当に良かったと生まれた後になって思うようになりました。

そして、家族の絆をすごく感じました。
妻と僕を結ぶ絆。
そして、生まれてきた赤ちゃんと二人夫婦との絆。
素敵なものですね~


ようやく赤ちゃんが生まれ、
世間で言う「親」になりましたが、
これからが心配で不安になります。
「ちゃんとした親になれるかな~」って

皆さん~
育児の先輩の皆さん~
また妊娠の時みたいに育児のことも相談にのってくださいね~
よろしくお願い致します☆


あかちゃんが生まれたので、僕のカメラのモデルも
妻一人から二人に増えました!
もっと腕をあげて、素敵な写真を残してあげたいです。


今日はめっちゃ長い日記になってしまいましたね~
また後日、書き残した分を書きます☆

それでは、明日は会社なので、寝ます~
みなさん、おやすみなさい☆

「追伸」
今日の赤ちゃんです。
IMG_3389.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 妊娠、出産
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
参加中
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国)へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(韓国)へ

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

blogrankking.gif

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カメラショップ




カウンター
MY Favorite Music♪
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。